--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-29

不思議なもんだね

社会人になり、早2年と9ヶ月(ある意味歳がばれる)

仕事に行くことになってから妙に時間が少ない気がして何も無いはずなのに焦っている自分がいる
これじゃ自分を変えられないじゃないか、というのはオーバーでもあり努力している人にはとても
聞こえが悪い。
ただこのままじゃいけないと思うのは確かだが、何がいけないのかがわからない。
このままの何が悪いのだろう?と考えるがきっと数が多すぎるのだ。
人というのは自分に無いものを欲する。興味の無いものにはとことん興味が無い人もいるだろう。

欲してる癖に努力なんて事が嫌いな俺はこの事すら考えるだけで無駄なはずなのである
ただずーと何か気持ちが晴れない
なんだろうな、最近妙にワクワクする事がなくなった。

子供の頃、サンタにプレンゼントを頼みプレゼントが来た日はあんなにワクワクしてたんだろう?
誕生日を向かえてケーキの蝋燭を消すのにもワクワクしていたんだろう?
なんで親と虫取りとかして喜んでいたのだろう?

何が自分を変えて、こんなつまらない人間になったのやら

と最近少しばかり考えてしまってる鱈魂です。


何となくわかってるのは、便利になりすぎた生活とお金だろうとは思ってる。
便利すぎる生活は人の体だけじゃなく心も蝕んでると思ってる。

ええ、今も便利に使わせていただいてます(



しかしまぁ・・・ネタがありすぎて書けないよ、ママン
この二日間異常なまでにリア充生活・・・?とまぁ家にいませんでした

さて寝る準備をせねば!

スポンサーサイト
2012-01-24

ありゃ?

なんかブログのIMGが脅威ファイルとして検出されるみたいなので

クリックしないようお願いします。


とは言っても・・・なぜこうなった!!(

マカフィーちゃんのせいなのか?うん?

2012-01-23

あはーんうふーん(棒読み

ふしだらNG!!


はい、最近週一回となっているこのブログですが・・・勘弁していただきたい
社会人のくせに時間はあるほうだとは思っていますが、心の余裕がね(ウル

えーとですね、まずは『カテゴリ』が『ペンタブ系』という事でを載せたいと思います。
残念ながら、モノクロのうえに下書きLVの絵なので見る人によっては・・・


『貴様!言う事だけはいっちょまえで実力がク○だな!』
俺『時間がなかっ----』
『そんなテンプレート許されて思ってるのかふぁああああああく』
俺「アッー」


っと話がズレた。

お題:雨宿り(製作時間:1時間ほど)

絵0045

さて、状況を実況しよう(何

主人公の幼馴染、青井ともこ(あれ、こんな人居たような・・・)との学校からの帰宅途中。
いつも通り夫婦(めおと)っぷりを発揮しているところ

顔の無い男「あれ、雨が降ってきたな」

手を前にちょこっとだし降っているのはわかっているが確認してしまう。

ともこ「げぇ・・・というか傘持ってないんだけど・・・」
顔の無い男「しまった!俺も持っていない!」
お互いの顔を一瞬見つめあうがそんなドラマチックな展開で見たわけではない。
お互い次の行動を確認するために見たのだ

「「ダアアアアアアアアシュッッ!!」」

雨に濡れてちょうど雨宿りできそうな場所を見つけ
あの絵に至る・・・と(

つまりは!主人公(顔の無い男)目線ですね、えぇ。



はい、オチもくそもありませんが次へ


俺は本屋であるものを凝視していた

「真剣で私に恋しなさい!」の表紙で付録がなんと抱き枕とフィギュア。
値段は5千円(((

俺「・・・た、たけぇ」
だが俺はこいつを買ってどうしてもしたいことがあった。
友達1「おい、それは流石にやめろ!ここで買わなくたって」
うん、わかってる。ここで買うとか勇者でしかない。なんせここはかなり大きなデパートで
オタクグッズ売り場とは違うのだ。
だが、俺はそいつを手にとり隠しながらレジまで持って行き、表紙を見せないようにレジに出す。

そしてレジの人が何故かひっくり返し表紙を見るなり裏にあるバーコードにピッと押す。
『なんでわざわざ表紙隠したのに見たし!!恥ずかしいから勘弁してくれ』
しかも女性店員だし、本当にもうね、その場に膝をつけてorzしたかった

そしてそれを買い、友達の家に帰還。

俺がどうしてもやりたかったのは・・・

今日、友達の弟が会社に行っていたので疲れを癒してあげようと思ったのだ。

まず、布団を敷く。
そして先ほど買った「マジコイ」の抱き枕カバーを取り出し。

被る!!


ただしここに来て、俺の肩幅だとすっぽりいかないことに気づく(
入ろうと思えばなんとか出来そうだったので無理やり被り布団に倒れる。

そしてその上に掛け布団を被れば準備おk!!

友達を使い、友達の弟を呼ぶ。

部屋は電気をわざと消して見難い状況にする。

友達に「そこの布団の中に入ってくれ」と促され入る。

このタイミングで俺は

「あはーん、うふーん」

↓被ったもの
逆に怪しく見える


友達の弟にうけたようで、疲れは吹き飛んだらしい!(勝手にそう思い込んだだけ
しかもこれ、なんか胸の部分に柔らかいクッション入ってて
さわり心地が妙にリアルだと好評でした(

今度皆もトライ!



え?キモイ・・・だと?

2012-01-17

あれからもう9ヶ月か

ある仕事を4月の終わりぐらいに受け
そして現在もその内容について訂正を食らってたりしているわけだが・・・
いつになったら開放されるのだろうか・・・ええ正直これ始まってからブログの更新頻度は下がっている。

まぁ気持ちの問題なんですけどね!!
また違う物件で俺は頭抱えながら
「OH・・・ジーザス!OH・・・」と日々生きております(


更新だけしないとなと思ってきたからネタがない・・・!

ああそういえばですね
前日会社帰りに本屋に寄ったことでも話そう。


仕事が進まなくなり、夕方での帰宅。
電車の中は帰宅する人で身動きこそとれるが移動するのが難な状態。
そんな電車内で最近はよく見かけるようになったスマホを使いながら
100人以上のアイドルを攻略することで有名なソーシャルゲームをプレイ。
現在CMもやっており、原作を知っている人は勿論、原作を知らない人でも二次元大好きな人は
恐らく大抵はブヒれる(萌えみたいなもんだよね)
そして俺はその後者であり、スマホのゲームからPS3のゲームをプレイした身である。
ヌルヌル動くあの動きは本当に恐ろしい・・・人間は何処まで進化という退化を繰り返すのか・・・
『く、ライブバトルで負けただと?しまった!親愛度あげてるんだった!!』
と心の中で叫んだりしていると乗り換えの駅にご到着。

乗り換えのため一度2階に上がる。
上りきったところで電光掲示板を確認すると次の電車まで15分ほどあったので
「本屋でもいくかね」と本屋に入ることにした。
まずラノベ確認、うん、新作は無い。
そして情報誌に行く、うん、人が多すぎて見れない。
よくわからない本が置いてあるところにいくとする。
「こ・・・こいつは?」
茶色というよりダークレッドと言うのが正しいのだろうか?黒く赤い本。
そして本のタイトルには「大辞典」と記載されている。
よくよく見ると表紙にはやたら横文字といかにも今時の中学生がはまりそうな言葉が記載されている。
そう、これは

中二病大辞典である

なんともインパクトのある本なんだ・・・。
そしてこのアヴァロンとかエクスカリバーとかもはやFate!!
「ああ・・・あれって中二だったのね」
となんとなく今更気づいてしまった。

そしてがっかりしながらその本を購入する俺はぬかりない(


残念ながらこれを見たところで、中二にはなれない!
やつらの侮れない想像力とパンチひとつに込める必殺名の長さには到底及ばない(何
そして俺自信も中学のとき、そして高校のときと
遊戯王ではヒーローを何が何でも使う!という中二力を発揮していたと思うと
恥ずかしくて頭から噴火しそうだね!!

ただ、現在でも友達にカンチョーするときとかに「スティンガー!!」とか叫んでしまうのはどうしても辞められないのです(

2012-01-03

あっれー・・・

あれ・・・?
おやおや?

今日は1月3日ですね

おやおや?


もう休みが1日しかないのですね(
なんか色々してたらいつの間にかに終わりを迎えようとしているお正月休み。

正直、またあの場所に行くと考えるだけでせっかくの休みなのに気が落ち込みますね、えぇ。


話を変えまして!

そう、1月1日に成し遂げられなかったお正月の絵を完成させたぜ!!

モノクロで((


絵0044

今回は少しバランスを意識してみた。
着物は「萌えスタイルの描き方」とかいう明らかに狙ってるだろと思わせるタイトルの本を使用し描いた。
ぶっちゃけて言おう・・・写真のほうがきっと資料になる(
ただ注意書きは結構大事だね、絵はあまり参考にしなかったがww
(とかいいながら模様はパクった)

この女の子は特にモデルは居ないのでオリジナルで
俺「んー・・・本当はバカなんだが外見が大人しそうで子供っぽい子がいいな」と
無茶苦茶な設定から出来ました!

アホ毛で⑨さをアピール(⑨=バカ)

次はカウンター数についてだ・・・!

もうね、メイド服の絵って決めてるんですよ、えぇ(
どう描くか、設定とポーシングが定まらないw
キャラは「いじわる系」でいきたいのだけど、雰囲気をどうするか・・・・

まぁ考えていきますかねw

2012-01-02

ちょ、おまw

あけましておめでとうございます!
友達とアイマスのソーシャルゲームしながら年を越しました。
ただぬかりは無い、しっかりそばを頂きました。

新年早々、大きめの地震が何回かあったわけですが・・・。
ええ、B1という名の地下1階で買い物してるときに揺れたから


別に焦らなかった(ぁ

もうね、頭の中お花畑状態の私にはね目の前にあるグッズの事しかなくて

揺れているのにも関わらず
俺「すみません、これって中古なんですか?」
店員「あ、こちら全て新品となっております」
俺「そうなんですか、じゃあ買います」
店員「ありがとうございます」

今振り返れば、店員も客を非難するとかそういう事しなきゃマズイんじゃね?(


そして地震があったのにも関わらず今度はある場所の4階、そこに入る。
福袋があったりするわけだが、1万5000円相当が3000円とか言われても
何が入っているのかわからないという時点でアウト過ぎる・・・。
欲しくもないキャラグッズとか出てもただのゴミじゃないか!!

と脳内で愚痴ったところで小説や漫画などを探っていると

俺「おぉ・・・四季シリーズ?」
脳内では「春・夏・秋・冬」と変換している訳だ。
季節をイメージした本とかそういえば無かったなと思い、手に取る。
後はラノベと4コマ漫画を購入。

そして家に帰り、さっそく「四季シリーズ」とかいうのをめくると
2次元の女の子が裸になっていたり、XXされていたり、言うなればエロゲの設定資料集。
ネットに落ちてる画像と比べるとなんというか迫力がある(

俺「・・・OHなんか(ダメ)な大人になったって感じ?って!!え?」
待つんだ、冷静になれ。なぜ俺はこんなエロ本みたいな設定資料集を買っているんだ?
んや・・・タイトルは間違えていない、何故こうなった・・・!
本の全体を見渡していくとある赤い四角いマークを見つけた。
俺「んー・・・18未満、でスラッシュが入ってるか・・・っておまww」

つまりこれ18禁の本本だって事に今気づいたよね、うん(

俺「俺としたことが・・・見落としていたなんて・・・まぁこういう資料ないしまぁいいか」

そしてマジマジと見るのであった(


新年早々なんなんでしょうね、えぇ

そしてカウンターもいつのまにかに振りきっていることを確認したので絵を描いていかねばww


はい、では今年もよろしくお願いします

Copyright (C) 鱈子防衛隊. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。