--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-26

「学校に子供達のためにクーラーをつけられるようご協力お願いします」
最寄り駅で宣伝というのだろうか?それをただ当然のように踏み切り前で電車が
通るのを待つ人たち。
その中に俺も居るわけだが。
「子供達はこの暑い中扇風機で暑さを凌いでます」
扇風機ありゃ子供は普通問題ないと思う。
ただ今と昔はだいぶ変わってしまい、パソコンやゲームが子供に渡りすぎ
家でゲームをしたりしてるだけなため体力的に問題があるのだろう。
高校1年まで野球部をしていた俺はある程度暑さに対して強いわけだが
そんな俺も運動を今はしていないため体力が問題になっている

だからと言ってここにいる会社帰りの人は皆ガンガン冷房をつけているに違いないと思う。
うちの親もそうだ、ちょっと熱ければクーラー
毎日涼しいがあまりエアコンの空気は好きじゃないため体調が悪くなる。
だから無視し続けなくても良いんじゃないかと思うわけだが…
弟を思い出すと・・・な
今の子供はぶっちゃけ言えば贅沢だ!
贅沢過ぎる上に、経験してもいないくせにネット上の知識を棚にあげ
あたかも経験したように語ってきたり
まず礼儀がなってねぇ(

そう思うと別にクーラーなんて良いんじゃね?と思えてしまう

カプコンはゲーム開発中止し始めるわなんなんだ!!


何がいいたいかって、ただ意味もなく言ってみただけだ!(





くそカプコンめ・・・ありえんだろ

ロックマンダッシュ3が出るから3DS買ったようなもんだぞ
何にチカラ入れてるんだか知らないが、もう色々カプコンには失望したww
モンハンもつまらないし、まず装備がナンセンスだった3rd
可愛くもなければカッコよくも無い
別にそこまでリアル求めてないから装備ぐらいな・・・
まだファンシスやったほうがおもしれーぞ(



と、愚痴っても仕方ない!

そういや久々に紙に絵を描いたんだが、ボロボロだったww
まだだ、まだ終わらんよ。自分の絵に自分が萌える日が来るまで
あきらめてたまるかああああああああああ(

スポンサーサイト
2011-07-24

こ・・・これは

デパートに行き小説(というなの台本)を買い1Fにあるマクドナルドで昼を買うときの出来事だ。
兄貴がマクドナルドに入り、その入り口付近でイスに座り俺と弟が待つ
暇だな、ちょっとぶらつくか
イスから立ち上がりちょっと歩いたところで俺の足が止った
壁からちょろっと何かゲーセンでありそうな形をした物が見えた。
ちょうど良さそうな暇つぶしアイテム発見だ
近づいてみると俺は驚愕する
そこにはプラスチックの透明ケースの中にキティちゃんが居て
尚且つ!フライパンを持ち尚且つry

「キティちゃんのポップコーン製造機・・!」
塩味・バター味・キャラメル味の三種類が選べようにボタンがついている
なんとなく200円を入れてキャラメルを選択。
「下のレバーを回してね」
毎度おなじみキティちゃんの声が流れそれに従い俺はレバーを回す。
なんか、かったるいな・・・良い暇つぶしだけど
20秒回したところで、説明文章みたいなものを見つける
「えーとなになに、レバーを回すことでキティちゃんと一緒に作れるよ・・・?」
つまりこれは回さなくて良いんじゃないだろうか?
必死に回していたが妙になんの抵抗も感じないし、おまけに回すと作れるのものかと言えば
そういうものじゃないだろう。もしかしたらドラムタイプで中でやってるのかも知れないが
そんな奥行きないし…
「つまり俺だまされたんじゃね!?」

60秒経過
甘ったるい匂いが漂う、昼前なのになんつー匂いだ
俺せいな訳だが。
80秒経過
「はい、出来ましたよ。熱いので気をつけてね!」
きゃぴとか良いそうなぐらい甘いボイスが流れた後、取り出し口にポップコーンが落ちる。
紙の袋を取り出すと温かい。いや言われたとおり若干熱い!
「すげぇ…こりゃおいしそうだ…」
昼前なのに開けて手を入れてポップコーンを取り出して一口。
「…!」
そして二口。
「…!!」
更にもう一口
「!!!!」
うまい、なんてホカホカでおいしいんだ!映画で買うポップコーンなんかよりおいしい。
キャメル味のほんのりとした優しい味が口に広がり
「く…なんて幸せなんだ!」
そのまま一袋食べ終わると兄の登場。
「お前…昼前だぞ」
「ふ、こいつの味のすごさを知らないな?」
再び財布を取り出し100円を2枚入れる
チャリン
おっと落としてしまった、よいしょっと
チャリン
おっとry

「おまえ…大丈夫か?」
「わざとだ、焦らしてるんだよ」

ようやくお金を入れてポップコーンが出来るのを待つ
「80秒か…先行くわ」
レバーを意味もなくくるくる回し振り返る
「まて!俺をこの状態にして置いていくつもりか!?」
「ああ、置いてく」
「ばかな・・・ちょっと待てもうちょいだから」
後40秒
「先テコテコいくからよ」
「おい、本当にソレでいいのか?」
意味もなく言ってみるがこんな馬鹿な事をしていたら時間が来て出来上がった。
「食らえ出来立てポップコーンファイヤー!」
「やめろ、あちぃよ!」
ただでさえ黒い兄貴にしても意味が無いか。
「食らえ!」
「あちぃから辞めろ」
弟も黒いんだった。俺だけあまり日焼けしてないんだよな






と、面倒になったので俺の日常はここまでだ

さて・・・ネタがない(ぁ

では解散!

2011-07-22

タイトルは未定、永遠にな(厨二っぽく

昨日会社で持ってかれた傘が元に戻されていた…!
律儀なんだかなんだかだな、元々少し骨組みの部分がおかしかったのもあるだろうが。
ただ今回で3回も持ってかれていたことを考えると、会社も学校も似たような事は起きるという事だな。

朝、玄関を出るとそこには冷たい空気。
冬の空気とまでは言えないが、秋に少し近いスッとでもなく湿度が高すぎる訳でもない空気。
実際雨が降っていて湿度は高いのだろうが、気温の低さでその感じがしないのだろう。
「・・・あ、半袖寒っ!!」
そうは思うが時間にギリギリなので半袖で電車へ。
今日は電車は通常通りらしく、案内の放送は無い。
いつも通りの日常だな、そう思いラノベを取り出し電車に乗り込む。
前置きで「明らかフラグ立ってるだろ」オーラが立ちまくってる訳だ、いつも通りではなかった。
本から少し目を外しドア横のスペースでよりかかりながら外を見てから社内を見ていると
「・・・・!」
顔全体が後ろにいき、金魚が餌を求める如く口が開いてる女性が居た。
朝なのにお疲れすぎるだろ・・・徹夜だったのだろうか。
そして会社の最寄まで読書を続け、電車から降りる
すると、朝からとっても疲れる人物を目撃したので逃げようと思い速めにあるくが
「おーす、俺を置いいくとはいい度胸してるじゃねぇか」
・・・・捕まったか(
「おはようございます、電車一緒だったなんて気づきませんでしたよ」
えへへという感じに挨拶し会話をしながら歩いていく。
この人の面倒なのは・・・会社の陰口だ
「俺だけが辛い」「わかってないヤツに口を出されたくない」とか、とにかく自分に非がある事を考えず
俺だけが・・・・みたいな感じなのでとにかくイライラする。
お前だけが辛いわけじゃねぇえええからああああああ!!
思いすごいもほどほどにいいいいいいい


ということで朝から夜まで疲れたぜ(キリッ

今、緋弾のアリアというラノベを読んでます
被弾ではないです(

それの絵を描こうとしてるのに教習所が多すぎてキャンセル待ちしたりしなきゃいけなくて
なかなか手につけない(あと残業

いつか描く!(←きっと描かないだろう宣言)


つか60歳近くの人がアリア知っててびっくりした。
おじさんになってもアニメって愛していいのだね・・・!

さて1時近い寝なくてはw

2011-07-20

今日は散々だったぜ…


「しまった!電車に間に合わねぇ!仕方ないチャリだ」
うおおおおおおおおお


『本日は東京行きはなくなりました、線路を無理やり横断しないでください』
無理やり横断は俺より後ろの人だろうが…そんな後半の情報より前半の情報だ
「うそだ・・・20分待ちだと・・・?歩けば良かった・・・!」
まだまだ続く負の連鎖
乗り換えの電車は7分遅れという状況
えーと会社の最寄につくのが36分だとして、4分歩いてコンビニ
そして食べるもの選んで3分会社行くまで15分とすると・・・・
到着が7時58分


余裕の遅刻じゃねぇか!開始8時(着替えを含めると時間が足らず


ダッシュでコンビニに行き会社もダッシュで行き
なんとな間に合ったものの・・・汗だくだった



そして帰り
俺が傘たてに入れたはずの傘が行方不明。
前もこんなことがあったので・・・持ってかれたということで(
普通台風なのに持ってこないバカがいるのかと思ったわww

そして俺に抜かりは無い、予備傘を取り出し雨にぬれず帰りましたとさ




ネタがねぇな(始まった



絵描こうとしてたのにもう23時50分と日付が変わろうとしている!
明日も残業だろうから・・・描けないよな

シット!

つかもう眠いぜ・・・

2011-07-20

たいふううううううん!

どうも、久しぶりです

墓に埋まってなんて居ないぜ!!
いやぁ、もうネタとかそんな問題じゃなかった。
時間無さすぎワロスって感じだったぜ(

とか言ってますがまだまだ問題は山積みで最近になってようやく物の設計をする人が思考錯誤を繰り返し
先に進みまして、問題が解決したが商品の試験が再試験になり山積み状態から開放されないようです(


そういや、だいぶ小説を読みました
その中のお話では無いですが、「この人すごいな」と思わされました。

仕事がありながらも小説を書き続け本にしてしまう というところ。
実際こういう人は多いのかも知れない、けど仕事しながらでも毎回毎回書き続けるということは
やっぱりすごい事なんだと思う
俺なんか仕事が忙しいだけでブログ更新できないという状態だったのに
世の中尊敬できる人は数知れないなw
イラスト描いてるのもサラリーマンだとか…俺も仲間入りしたいぜ(

ちなみにラノベの名前は「アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト)」
内容は・・・恐らく「とある魔術」に近いかも知れない


ちょいとおばか発言

台風で気になったんだけど

あれって回転しながら進んでるけど、あの回転してる中に放射能が入ったら
やっぱり雲に混じって色々なところで放射能降るのかね?

最近の自然現象が最近「自然」ではない気がする。
あの台風の見事な曲がりっぷりや、突如各地に起きる地震。
偶然が重なりすぎにも程がある

この先がなんだかとても不安だw




はい、ということでまた少しづつブログを復活させていく!

またせたな・・・!










え、誰も待ってないって?
え?
え・・・・

Copyright (C) 鱈子防衛隊. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。